スラム発のブランド「FEEMUE KLONG TOEY」がいよいよスタートです!

【 FEEMUE のサイトが出来ました!販売も同時スタート!】

 

クロントイ・スラム発のブランド “FEEMUE KLONG TOEY” は、たくさんの方々にご支援・ご協力をいただき、リリースまで辿り着くことができました。立ち上げを応援してくださった全ての方たちに、心より御礼申し上げます。

 

完成したウェブサイトはこちら▷ www.feemue.com

 

アイテムの紹介のほか、生産を行う縫製所の方々(通称:Feemer)や、コラム・プレス活動など、FEEMUEの活動を随時更新していきます◎

1web

 

サイトの公開と共に、アイテムの販売もスタートしました。日本での展開は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が運営を行うフェアトレード事業 “CRAFT AID” が行います。

 

CRAFT AID▷ www.craftaid.jp

 

クラフトエイドのカタログでは、巻頭ページでご紹介をいただいております。ボランティアの皆様が日本とタイで、営業や通訳、資料翻訳、発送作業を含め働きかけをしてくださいました。心より御礼申し上げます。

 

tumblr_inline_ongjhcOA3y1ugwzqr_1280

 

 

また、クロントイ・スラムにある当団体のスペースを改装し、ショールームを開設いたしました。バンコクにお越しの際はご連絡の上、ぜひお越しくださいませ。

————

Flagship Store, FEEMUE

Address: Sikkha Asia Foundation, 2nd Fl.

100/14-20 Keha Klongtoey 4 Klongtoey Bangkok 10110

Tel: 02-249-7567~8(日本語直通内線16)

Email: feemueklongtoey@gmail.com

————

 

 

本ブランドは、クラウドファンディングによりたくさんの方から応援をいただき、実現しました。心より厚く御礼申し上げます。筆舌に尽くしがたい感謝の気持ちを込めて、FEEMUE KLONG TOEYがいよいよスタートします!

 

2FEEMUE_LOGO_FIX

 

デザイナーFUJI TATE P氏は、昨年の10月よりトータル3ヶ月スラムに滞在し、プロダクトデザインの他、縫製指導、ショールームの改装、ウェブサイトの作成に至るまでご尽力をいただきました。全くの素人の私たちにブランドづくりに対する姿勢を、真摯にご教示くださいました。その献身的な仕事に、縫製所の女性たち、弊財団職員一同が、感銘を受けております。改めて御礼申し上げます。

 

3DSC5368

 

ロゴや印刷物のデザインは、グラフィック・デザイナーの堀康太郎さん。サイトで公開している写真は、橋本裕貴さんによるものです。お二人とも実際にスラムに滞在していただき、作成していただきました。スラムはたくさんの問題を抱えていますが、温かい人間関係もあるコミュニティです。独自の視点で、スラムの暮らしを切り取ってくださいました。ここで、両氏に心より御礼申し上げます。

 

4 014

 

本ブランドの収益は、スラム地区で運営する図書館の本や活動になり、子どもたちの教育支援につながります。また、ブランドを通してクロントイ・スラムの今をお伝えし、たくさんの方にご関心をお寄せいただければと願うばかりです。

 

5 029

 

今後とも、ご指導とご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 FEEMUE スタッフ一同

 

————

FEEMUE(フィームー)はタイ最大のスラム地域であるクロントイ・スラムから提案するライフスタイルブランドです。縫製所の女性や軒先でものづくりをする人々が生産を行い、ブランドを通してスラムの生活を伝えていきます。FEEMUEとはタイ語で「腕前」「手工芸」「技術」の意味です。デザインは日本のプロダクトデザイナーFUJI TATE Pが行い、タイのNGOシーカー・アジア財団が運営。地域が持たれるネガティブなイメージを、デザインの力で変えることが目標です。

www.feemue.com

www.facebook.com/feemue.klongtoey

 

運営:シーカー・アジア財団

————