展示会「クラフトエイドとフィームー展」開催します!

 

渋谷ヒカリエで展示会「クラフトエイドとフィームー展」開催

11月1日-6日


-山岳民族を感じる、スラムを感じる6日間ー

 

今年4月に本格的にスタートしたFEEMUEが、

日本側で本ブランドを取り扱うクラフトエイドと共に、

展示会を行います。

 

craft_feemue2017-579x434

 

民族の伝統を大切にしたもの作りをするCRAFT AID(クラフトエイド)と、タイ最大の人口密集地域クロントイ・スラム発のブランドFEEMUE(フィームー)が初めての展示会を開催いたします。アジアの山岳少数民族の衣装やスラムの小屋など、現地の<リアル>を着て見て触って体感してみませんか?

 

クラウドファンディングでたくさんの応援をいただき立ち上がりましたFEEMUEを、感謝の気持ちを込めて東京でご報告いたします。ぜひ会場にお越しいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

 

展示会概要

 

日時 2017年11月1日(水)~11月6日(月) 

   11:00~20:00 *最終日は17:00終了

 

会場 aiiima1&2 渋谷ヒカリエ8F
   Creative Lounge MOVエントランス
   (東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F)
   ▷会場へのアクセス(フロアマップ)

 

参加費 無料

 

主催 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
   シーカー・アジア財団

 

協賛 株式会社ニコン

 

 

ブランド紹介

 

CRAFT AID

クラフトエイドは、女性が子どもの教育資金のために手仕事でつくる製品を展開する、シャンティ国際ボランティア会のフェアトレード事業です。タイ・ラオス・カンボジア・アフガニスタン・ミャンマーの国々でもの作りをしています。

 

2craftaid

アカ族・リス族など山岳民族の衣装6体を一同に展示。30年前に難民キャンプで作られたモン族刺繍絵本も公開。

 

FEEMUE

フィームーはタイ最大のスラム地域であるクロントイ・スラムから提案するライフスタイルブランドです。縫製所の女性や軒先でものづくりをする人々が生産を行い、ブランドを通してスラムの生活を伝えていきます。

 

3FEEMUE

タイのトタンや廃材を張り合わせて作られたスラムの小屋を現地から輸送し展示。

    写真家 橋本裕貴撮影のタイ・スラムの写真展示。

 

イベントスケジュール

 

1)11/1(水)18:00~20:00 オープニングイベント

2)11/3(祝)14:00~15:30  FEEMUEクラウドファンディング報告会

3)11/3(祝)16:00~17:00  CRAFT AID 東南アジアの山岳民族について

4)11/4(土)13:00~14:30 写真家・橋本裕貴ギャラリートーク「旅先のポートレート」

5)11/4(土)15:00~16:00 FEEMUE写真集発売記念トークショー

6)11/5(日)14:00~15:00 CRAFT AID 東南アジアの山岳民族について

7)11/3~5 11:00~12:30   タイの花輪作りワークショップ

 

イベントへの参加をご希望の方は、事前に申込フォームからお申し込みください。
申込フォーム(シャンティ国際ボランティア会HP内) 

 

 

イベント詳細・登壇者

 

1)オープニングイベント

スタッフ140名が総力をあげてお届けする、現地の食と旅情報!!現地スタッフおすすめグルメランキングも発表します。数量限定、現地から持ち込むビールや珍味の試飲試食もお楽しみください。(定員20人)

 

4staff

(左)シャンティ国際ボランティア会
    鈴木淳子(ラオス駐在経験有り)

           (右)シャンティ国際ボランティア会
              吉田圭助(タイ駐在経験有り)

 

2)FEEMUEクラウドファンディング報告会

たくさんの方から応援していただき、今年の4月にスタートしたライフスタイルブランドFEEMUE。ここまでの歩みを、30年間クロントイ・スラムに関わってきた秦辰也(都市工学)と共にお話しします。(定員20人)

 

5hatasensei
秦 辰也
近畿大学国際学部国際学科グローバル専攻教授
(公社)シャンティ国際ボランティア会常務理事
シーカー・アジア財団副理事長
1959年福岡県生まれ。1984年から現シャンティ国際ボランティア会に参加。インドシナ難民、タイの山岳少数民族、都市スラム問題などに取り組む。バンコク事務所長、事務局長、専務理事などを経て現在に至る。

 

3)CRAFT AID 東南アジアの山岳民族について

母から娘へ大切に伝えてきた美しい刺繍や手織り布。クラフトエイドが30年かけて集めた各民族衣装の伝統の技を、手にとってご覧ください。(定員20人)

 

4)写真家・橋本裕貴ギャラリートーク「旅先のポートレート」

クロントイ・スラムの写真を撮影した橋本裕貴氏に、一眼レフカメラを使った撮影のテクニックや写真の面白さについてお話しを聞きます。撮影技術の実践タイムもあります。協力:株式会社ニコン(定員20人)

 

5)FEEMUE写真集発売記念トークショー

写真集をつくるためにスラムに滞在した4人のクリエイター。スラムで感じた「リラックス」とは?美味しいものから幾何学模様まで、クリエイターたちが見たスラムの今を語り合います。(定員20人)

 

 

bd6b6b58688f9bc23f96434c3caa7350-1-192x240

 

橋本 裕貴
1978年神奈川県生まれ。写真家。青山学院大学卒業後、2001年から渡仏し Spéos Paris Photography Schoolで学ぶ。2004年より写真家泊昭雄氏に師事。 2006年よりフリーランスとして活動開始。

 

 

7horitz

 

堀 康太郎 / horitz

1979年宮城県生まれ。グラフィックデザイナー。東北芸術工科大学卒業。  スープ・デザインを経て、2012年9月独立。

 

 

▷菅原 信子
1982年東京都出身。2012年ユーフォリアファクトリーに入社。TRANSITのほか広告媒体などで編集、原稿執筆を行う。

 

 

F FTP

FUJI TATE P
刺繍家・プロダクトデザイナー。刺繍で用いる素材や技術をベースに、建築的 思考でデザインを行う。作品は”ERIKA””SMOCK”の他、ビーズジュエリーブランド PENTAのクリエイティブディレクター。

 

F GD2

                                    クロントイ・スラムの縫製所でFEEMUEのデザインを進めるFUJI TATE P

 

 

6)CRAFT AID 東南アジアの山岳民族について

CRAFT AIDの商品に付いてくる「民族カード」のイラストを描いたaurinco(アウリンコ)さんと共に、山岳民族の文化や魅力をお伝えします。 (定員20人)

 

8aurinco

 

aurinco(アウリンコ)
1979年宮崎県生まれ。イラストレーター。高校、短大ともに産業デザイン科を修了。2000年よりグラフィックデザイナーとして愛媛県の印刷会社に8年勤続。1年7ヶ月の単身渡英後、拠点を東京に移す。IT系企業にてWEBデザイナー・スマホアプリのデザイナーとして勤務。2014年よりフリーランスのWEBデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、絵本クリエイター、キャラクター作家として独立。オリジナルキャラクターブランドとして「ユニとユト」「ガーディアン・フロッグズ」「スティル〜進化した絶滅種〜」を展開。環境や教育に関わっていきたいと感じており、グリーンセイバー・ベーシックの資格取得、NPO法人ビルメロの会とともにミャンマー寺小屋での似顔絵教室、公益社団法人日本環境教育フォーラムの機関紙表紙のイラスト制作、技能五輪国際大会グラフィックデザイン職種エキスパート着任など多方面で活動中。

 

 

7)タイの花輪作りワークショップ

FEEMUEアイテムのモチーフにもなった、タイの花輪を作ってみませんか?仏様や目上の人へ敬意の気持ちを託すタイの伝統文化を、▷縫製マネージャーNarisara(ニックネーム:メー)がお教えします。(日本語通訳あり/定員10名/途中参加可/対象年齢10歳以上)

 

イベント申込はこちらから

スペースに限りがあるため、事前申し込みにご協力お願いします。
参加を希望するイベントを選択してお申込みください。

申込ページ(シャンティ国際ボランティア会HP内)

※イベント、展示会への出入りは自由です。イベント内容は当日変更となることもあります。

 

 

常設販売

CRAFT AID とFEEMUEのアイテム、写真集を会場で販売します。一枚ずつ柄の違う刺繍小物はもちろん、手仕事で作られたアイテムはすべて一点もの。お気に入りを見つけてください。

10hekisagon

リス・ヘキサゴンバック(CRAFT AID)

11dokput
ドークプットピアス(FEEMUE)

 

 

常設展示

民族衣装の試着撮影会

アフガニスタンのブルカ、カレン族のブラウス、華やかなタイ族の衣装(子ども用も有ります)、ラオスのスカートなど、SNSにも映えるさまざまな衣装を用意してお待ちしています。

 

スラムの小屋撮影会

廃材やトタンを張り合わせて、クロントイ・スラムで実際に作られた小屋を現地から運びます!中に入ってスラムの雰囲気を体感してください。

 

フォトブック販売

klongtoey cover

 

写真集『KLONG TOEY』は、約10万人が暮らすタイ最大のスラム、クロントイの飾りのない姿をとらえた写真をまとめています。“FEEMUE”プロジェクトの一環で制作し、11月1日に発売されます。写真家・橋本裕貴がクロントイ・スラムの複雑に入り組む路地を丹念に歩き、撮り下ろしました。会場でも販売します。判型:188×120mm ページ:224ページ
仕様:コデックス装 価格:2500円+税
発行:▷888(ハチミツ)ブックス

 

展示会ちらし▷PDFでご覧いただけます

bro2

 

イベントへの参加をご希望の方は、事前に申込フォームからお申し込みください。
申込フォーム(シャンティ国際ボランティア会HP内)

 

会場でお目にかかれますのを心待ちにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。