2019年 子どもの日  No One Will Be Left Behind

タイの首都は、バンコクで、呼ばれています。少しの外国人
は知りません。なぜなら、この街は、世界で上位の観光都市だから
です。そして、バンコクが政治経済などの大切なことをなった結果
タイ国で一番繫栄しています。それに、繫栄の中で、様々なことの
中心になっているバンコクで、反対に多い地方人は、バンコクで仕
事を探します。その結果、バンコクに住む人がたくさん来て、バン
コクの多くの場所は、スラムになります。
  テープラクサースラム オンヌット86 は、バンコクのゴミ
捨て場のまわりで、全部で、160家族で、143軒、男性 は、297人
 女性は、365人 トータル662人で 広さは約15ライです。このエ
リアは私営です。そして、昔、ゴミ山テープラクサースラムのまわ
りで借りられていました。しかし、多くの人々がこのまわりに住む
ようになって、職業ゴミの仕事をしています。特に廃棄物分別プラ
ントと骨董品の購入を開設しました。

(1)

現在、この地域社会で廃棄物を購入して、分別する工場があります
約20工場で、所有者はタイ人で、ビルマの労働者がいます。そのた
め、この地域でビルマからの移民がこの地域社会に住むようになっ
ています。毎月約9,000〜11,000バーツほどの平均所得で、日々に
分別できる廃棄物の量によります。ほとんどのビルマの労働者は大
体家族と一緒に避難しているか、ビルマ人は、タイで結婚して、子
供がいます。スラムには教育を受けられないビルマ人の子供が多く
います。ビルマの子供たちがタイの教育に参加できない要因は多い
です。たとえば、ビルマの子供たちが保菌していて、他の子に広が
るので、差別されることや、不法入国と タイ語の無知もあります
。それに スラムの周りにゴミ捨て場があって、バンコク全域のゴ
ミを含む場ですから、不衛生な住環境の所です。臭いによる大気汚
染の原因で、1日に少なくとも100回以上を通過する車の煙のほこり
があります。 その結果 スラムに行きたい外の人がいないので、
スラムの子供たちは他の普通の子供たちのように幸せを得る機会が
ありません。
2
シーカー ゜アジア財団は、この問題を認識しているので、スラム
の子供たちに幸せをもたらすことを目指しています。2019年1月12
日土曜日に テープラクサースラム オンヌッチ86で
Chrildren‘s Day For All 2019 “No One Will Be Left
Behind” のテーマで 子供の日の活動が行われました。そのイベ
ントでは心やさしいご支援により、参加した子供達にプレゼントを
上げました。そこでは、自分で、子供にプレーセントを贈ったり、
物を寄付したり、励したりしました。
3
物を寄付したり、励したりしました。また、シーカー ゜アジア財
団の活動を行いました。例えば、ゲーム店、日本のボランティアか
ら折り紙店、蛇凧を作り店、食べ物店、プレゼント店、などです。
それに、植木鉢を創作する活動もあって、イベントに参加する子供
がステージで踊ったり、抽選によりプレゼントをもらいました。
5 12 6 7 8 9 10 1128 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
後に シーカー ゜アジア財団は、皆様のご支援により、機会がな
い子供達に幸せや、笑顔や、プレゼントをあげることができました
。ありがとうございました。
29